2013年1月29日火曜日

2013.01.29 フジ子・ヘミング 『運命の力』


書名 運命の力
著者 フジ子・ヘミング
発行所 TBSブリタニカ
発行年月日 2001.06.27
価格(税別) 1,800円

● 著者が世に知られるようになってまもない頃に出版された。著者の自伝のようなものだが,本人が書いたのではなく,本人へのインタビューを元に他者がまとめたものかと思う
 著者について知るには,最も適当な一冊だと思う。

● 母親についてもわりと詳しく言及している。今のモノサシをあてれば,ひょっとしたら虐待?と思えるような扱いを受けているんですね。当時は世間にざらにあったことだと思うんだけど。傍目には,少女時代も幸せとは言いがたかったように思える。
 ベルリンに留学後,聴力を失った著者は,貧困と失意のうちにストックホルムに移る。自分と母を捨てて故国に帰った父親を頼ろう(主には経済的に)としたのだろう。しかし,結局,父親も会ってはくれなかった。
 著者の人生の大半は過酷と道連れ。親の犠牲者って感じもしてしまう。それでも,父,母とつながっていたいという切ないほどの著者の思いが印象的(と,ぼくには思えた)。

0 件のコメント:

コメントを投稿