2013年1月31日木曜日

2013.01.31 『TOKYO図書館紀行』


書名 TOKYO図書館紀行
発行所 玄光社MOOK
発行年月日 2012.03.24
価格(税別) 1,200円

● 図書館って,出版社やCDレーベルに言わせれば,たぶん,迷惑施設に違いない。無料の貸本屋にしか見えないだろう。買わないで借りる人を増やしているだけじゃないか,と。長い目で見たら,文化の衰退につながるのじゃないか,と。
 CDレーベルにとっては,さらに被害は大きいかもしれない。図書館でCDを借りてパソコンにリッピングしてる人が相当いるはず。CDが売れなくなったのは,インターネットの普及が最大要因だけれども,公立図書館の存在も看過できない理由だ。
 特に,クラシック音楽に関しては,CDショップの地域一番店やレンタルショップよりも,地元の公立図書館の方が品揃えがいい(地方では)。まず,図書館で探して(ネットですぐに検索できる),もしなければネット通販で買うというのが,一番ありがちな購買行動ではあるまいか。

● 実際,たいていの市町村立図書館は,無料の貸本屋として機能している。そういう役割しか期待されていないもんね。知的水準の高い人が,さらに知の探求を試みるために図書館を利用するなんてのは,地方の図書館では絶無といっていいんじゃないか。
 ゆえに,図書館に司書は要らない。素人でも務まる。そういう実態がたしかにあると思える。

● 図書館にたむろしているのは,自腹を切らないで借りてすませようとする人ばかり。知にケチな人。知的品性の下劣な人。かくいうぼくもそのひとりなんですけどね。図書館が盛況であるのがいいことなのかどうか。
 というと,だって本って高いんですもの,っていう声が聞こえてきそうだな。いやだ,いやだ,ゾッとする。クローゼットの中でゴミになっている洋服は高くなかったのかよ。でも,繰り返すけれど,ぼくもそのゾッとする中のひとりなんですな。

● で,ここから言い訳になるんだけど,知は限りなく廉価であるべきだとも思ってましてね。空気と同じになってほしいっていうか。知の生産をメシのタネにするのは,もう終わってもいいんじゃないか。本業を別に持っている人が,手慰みにやるものになるべきじゃないか。
 ま,そういうふうにはならないんだけどさ。っていうか,相当に無茶苦茶なことを言ってますよね。
 知に対してケチなぼくが言っちゃいけないんだけども,無料貸本屋としての図書館はやっぱりあってほしい。クリエイターの皆さんには本当に申しわけないけれども。

● 本書で紹介されている図書館は次のとおりだけれども,いずれも存在感に溢れている感じ。公立図書館もいろいろと斬新な試みをしているのだなぁと,認識を新たにしました。さすが東京という感じも。
 国立国会図書館 国際子ども図書館
 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
 東京大学総合図書館
 東京・日仏学院メディアテーク
 世田谷文学館
 東京都北区立中央図書館
 日本近代文学館
 ちひろ美術館・東京
 多摩美術大学図書館
 東京藝術大学附属図書館
 東京都写真美術館図書室
 東京国立近代美術館フィルムセンター図書室
 東京都現代美術館美術図書室
 Bookshop TOTO
 国立新美術館アートライブラリー
 千代田区立比日谷図書文化館
 まち塾@まちライブラリー
 ひと・まち・情報創造館 武蔵野プレイス
 紙の博物館図書室
 現代マンガ図書館〈内記コレクション〉
 食の文化ライブラリー(味の素)
 切手の博物館図書室
 印刷博物館ライブラリー
 アド・ミュージアム東京 広告図書館
 国立天文台図書室
 国立劇場図書閲覧室
 大宅壮一文庫
 東洋文庫
 都立多摩図書館 東京マガジンバンク
 国立国会図書館

0 件のコメント:

コメントを投稿