2013年1月30日水曜日

2013.01.30 ジュラール・ジョルジュ・ルメール 『芸術家の家』


書名 芸術家の家 作品の生まれる場所
著者 ジュラール・ジョルジュ・ルメール
    ジャン・クロード・アミエル(写真)
訳者 矢野陽子
発行所 西村書店
発行年月日 2012.01.27
価格(税別) 3,600円

● 人さまの書斎を覗くのは,ぞくぞくするような快感がある。その人の深いところがわかるような気になる(実際にはわかるわけがないんだけどさ)。
 『作家の仕事場』なんていう写真集が出ると,ま,興味津々で見るわけです。雑誌「男の隠れ家」も書斎特集なんてことになると,たいていは買うことになる。
 そんな中で最も印象に残っているのは,高橋義孝さんの書斎の写真。端然とした雰囲気が漂っている。いかにも使いこまれているようで,主の息遣いまで感じられる。

● で,自分も書斎を持ちたいと思い,今の家を建てるときに,北向きの部屋を書斎にした。のだが,どうにも格好がつかない。雑誌や本で見る写真のようにならない。
 結局,持ち主の器量や性格や暮らしぶりが現れるってことですよね。今は物置部屋になっている。

● 本書は画家のアトリエや生活の場を写真で紹介したもの。上記の書斎本と違うのは,保存されているものだってところ。現在進行形で使用されているものではない。
 紹介されるのはヨーロッパの画家たちなんだけど,ヨーロッパ人の保存の仕方ってのは,徹底してますな。保存を感じさせないといいますかね,今でも使われているんじゃないかと錯覚しそうなほどだ。

● 文章と写真で紹介していくわけだけれども,文章の方は早々に読むのをやめた。この文章を読める人は,よほど美術に関心が深いか,並はずれた忍耐力の持ち主だろう。翻訳もあまり良くない(ように思われる)。
 写真に自分の想像力を足して,ページを繰っていけばいいのじゃないか。と思ったのだが,どうも想像力が起動しないまま終わってしまった感じ。

● ちなみに,紹介された芸術家は次のとおり。
 アンドレ・ドラン
 ブルームズベリー・グループ
 フランティシェク・ビーレク
 ギュスターヴ・ド・スメット
 アルフォンス・ミュシャ
 ルネ・マグリット
 ローザ・ボヌール
 ギュスターヴ・モロー
 ウィリアム・モリス
 ガブリエーレ・ミュンター
 ジェームズ・アンソール
 クロード・モネ
 アルフレート・クビーン
 ジョルジョ・デ・キリコ

0 件のコメント:

コメントを投稿