2013年1月17日木曜日

2013.01.17 福岡伸一 『フェルメール 光の王国』


書名 フェルメール 光の王国
著者 福岡伸一
    小林廉宜(写真)
発行所 木楽舎
発行年月日 2011.08.01
価格(税別) 2,200円

● 著者はベストセラー,『生物と無生物のあいだ』で知られる生物学者。もっとも,ぼくはまだ読んでいないんですけどね。
 その著者がフェルメールを訪ねて,各国の美術館を訪ねる。

● 著者がフェルメールの真骨頂とするのは「光のつぶだち」。本書でも引用されているが,赤瀬川原平さんの視点(視覚のレンズ効果)とほぼ同じものと言っていいだろうか。
 というより,フェルメールといえば,誰もが指摘することなのか。

● カメラ・オブスクーラ(針穴写真機に似た箱形の光学装置で,風景や部屋の配置や遠近を正確に二次元平面に写し取ることができる)の話題を紹介しながらも,フェルメールと同時代にデルフトに住んだレーウェンフックに著者は注目する。「フェルメールは,レーウェンフックの作った顕微鏡のレンズを覗き,おそらくそこで「光のつぶだち」を発見したのではないか」(p18),と。

● オランダから始まって,アメリカ,フランス,イギリス,アイルランド,ドイツ,オーストリアと,フェルメール作品を所蔵している美術館を巡っていく。
 その地にゆかりの哲学者や科学者を紹介しながら話をつないでいくところも面白い。オランダではスピノザ,ニューヨークでは野口英世,パリでは数学者のガロア,ロンドンではワトソンとクリック,アイルランドではライアル・ワトソン,ベルリンではルドルフ・シェーンハイマー。
 フェルメールを深く掘っていくというよりは,横に横に話をつないでいく感じ。

● つまり,読みものとして楽しめばいいのだと思う。上質なエッセイ(あるいは紀行文)だ。もともと,ANAの機内誌「翼の王国」に連載されたものだ。読みやすいのも道理。
 全編に散りばめられている写真もいいですな。特に,額縁まで眺められるのは,ひょっとしたら本書だけかもしれない。

● とはいえ,読了後はいっぱしフェルメール通になった気分を味わえる。
 フェルメールについての著者の一応の結論は,「この世界にあって,そこに至る時間と,そこから始まる時間を,その瞬間にとどめること。フェルメールは絵画として微分法を発見したのである」(p238)ということ。

0 件のコメント:

コメントを投稿