2012年12月9日日曜日

2012.12.09 谷川俊太郎 『クレーの天使』


書名 クレーの天使
著者 パウル・クレー(絵)
     谷川俊太郎(詩)
発行所 講談社
発行年月日 2000.10.12
価格(税別) 1,500円

● パウル・クレーの絵に谷川俊太郎が詩を付けたもの。
 昔,若かりし頃,吉行淳之介の小説,エッセイ,対談に夢中になったことがある。その吉行さんが絵ならクレー,音楽ならドビュシーを好むとあったので,ぼくも挑戦の真似事をしたことがあるんだけれども,どちらも当時のぼくには難解すぎてとても手がでなかった。

● っていうか,それは今でも同じで,CDでドッビュシーのピアノ曲を聴こうと試みても,最後まで聴けたことがない。クレーの絵も同じ。抽象性の高い絵は,ぼくごとき凡人がながめたところでどうなるものでもないらしい。

● 本書に収録されている絵は,一筆描きのような天使シリーズの中から選ばれている。谷川俊太郎さんの詩を鑑賞の手引きとして,何ごとかを理解できるかと思ったんだけども,やはりダメ。なまじ頭でこねくってしまうからかもしれない。
 谷川さんが「あとがき」で「想像力」の効用を訴えているんだけれども,その想像力を喚起するにも元手が要る。いたずらに馬齢を重ねてきてしまったってことね。

0 件のコメント:

コメントを投稿