2012年12月25日火曜日

2012.12.22 利倉 隆 『イメージの森のなかへ フェルメールの秘密』


書名 イメージの森のなかへ フェルメールの秘密
著者 利倉 隆
発行所 二玄社
発行年月日 2008.02.25
価格(税別) 1,900円

● 絵画鑑賞に関してまったくの素人に向けて,こういうふうに鑑賞すればいいんだよっていう感じで,ガイドしてくれるありがたい本。

● ヨーロッパの絵画を見るにあたっては,聖書は旧約新約とも読んでおかないといけないようだ。できれば,ギリシア神話についても承知しておいた方がいい。かの地における教会や修道院の存在感を実感できればさらにいいのだろう。

● 本書で紹介されている作品は次のとおり。
 絵画芸術の寓意
 真珠をはかる女
 牛乳を注ぐ女
 真珠の首飾りの女
 手紙を読む青衣の女
 手紙を書く女と召使い
 レースを編む女
 デルフトの眺望
 真珠のネックレスを持つ女
 天文学者
 窓辺で手紙を読む女
 音楽の稽古

0 件のコメント:

コメントを投稿