2012年12月9日日曜日

2012.12.09 水沢 勉編 『日経ポケット・ギャラリー クレー』


書名 日経ポケット・ギャラリー クレー
編者 水沢 勉
発行所 日本経済新聞社
発行年月日 1993.08.06
価格(税別) 971円

● これもパウル・クレー。昔,日経から出ていた「日経ポケット・ギャラリー」の中の1冊。

● 収録している絵のそれぞれに,編者の解説やクレーの著作からの引用を付けている。が,クレーの著作そのものがやはり難解で,ぼくにはなかなか腑に落ちてこない。

● クレーが音楽への造詣も深かったことを,この本で知った。ヴァイオリンはプロ水準であったらしい。シェーンベルクと同世代で,彼の音楽は行き過ぎだと批判的に感じていたようだ。
 が,そういうことを知ったからといって,クレーの作品への理解が進んだわけではない。

● デッサンのすごさとか,構成の確かさとか,そういったことはよくわかったけれど,それも作品理解に資するわけではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿