2012年12月25日火曜日

2012.12.22 利倉 隆 『イメージの森のなかへ ゴッホの魂』


書名 イメージの森のなかへ ゴッホの魂
著者 利倉 隆
発行所 二玄社
発行年月日 2008.02.25
価格(税別) 1,900円

● 最も凄絶な人生を送った画家をひとりあげろと言われれば,ゴッホということになるんだろうか。
 本書は,アルルに移ってから拳銃自殺する(事故だったという説もある?)までの2年半をたどりながら,ゴッホの作品を解説する。

● 紹介されている作品は次のとおり。
 ラングロワ橋
 夜のカフェ・テラス
 郵便配達夫ジョセフ・ルーランの肖像
 ひまわり
 ゴッホの椅子
 ゴーギャンの椅子
 耳に包帯をした自画像
 サン・レミの精神病院の庭
 アイリス
 花の咲いたアーモンドの枝
 星空の下の糸杉の道
 星月夜
 自画像
 人物のいる村の通りと階段
 ガッシェ医師の肖像
 カラスのいる麦畑
 一足の靴

● 神様に選ばれてしまった人間の栄光と悲惨。
 でも,弟テオがいた。彼がいなかったら。ゴッホの作品はなかったかもしれない。その前に,ゴッホの人生が人生たり得なかったかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿