2012年11月5日月曜日

2012.11.05 下川裕治 『LCCで行くぶらり格安世界の旅』


書名 LCCで行くぶらり格安世界の旅
著者 下川裕治
発行所 PHP
発行年月日 2012.08.31
価格(税別) 1,300円

● 若い人たちが旅行をしなくなっているという話をよく聞く。留学する人も激減しているんだとか。悪いことなのか,それほどに騒ぐようなことなのかはわからない。
 旅行なんて行きたければ行けばいいし,行きたくなければ行かなきゃいい。その程度のもんじゃないかと思わないでもない。
 留学にしたって,洋行帰りのアメリカかぶれやフランスかぶれを揶揄する論調は,つい最近まで珍しくもなかったのではないか。

● けれども,下川さんのように旅行してその記録を作品にしている人は,商売に直結する。下川さんはビンボー旅行派だから,特に影響が大きいかもしれない。
 さらに,人は年をとるものだ。ビンボー旅行をしたくてもできなくなる年齢が,厳然と存在するだろう。

● 下川さんの作品はそのほとんどを読んでいる(すべてではない)。読むに値する文章だと思っている。
 ゆえに,下川さんはビンボー旅行をやめても,文章で喰っていける人であると思っている。

● LCC(格安航空)は下川さんが違和感なく取りあげることのできるテーマかもしれない。しかし,人はいずれLCCに慣れるし馴染むだろう。
 この本でもざっとLCCの解説をしているけれども,大半は世界各地のビューポイントを紹介する内容になっている。ビューポイントといっても,そこは下川さんの視点だから,凡百のガイドブックとは異なる。読めるガイドブックである。

0 件のコメント:

コメントを投稿