2012年11月17日土曜日

2012.11.16 清野恵里子 『樋口可南子のいいものを,すこし。その2』


書名 樋口可南子のいいものを,すこし。その2
著者 清野恵里子
    浅井佳代子(写真)
発行所 集英社
発行年月日 2011.12.06
価格(税別) 1,800円

● 続編の本書は5つの章立て。紹介している個人,お店は次のとおり。

1 作るということ
  伊藤佐智子 ファッションクリエイター
  髙野雅子 ファッションクリエイター
  西田信子(東京・渋谷) 革バッグ制作
  村田 森(京都) 陶芸家
  戸田敏夫(東京・根岸) 江戸指物師
  「山田松香木店」(京都) お香
  「カガミクリスタル」(茨城・竜ヶ崎) クリスタル製品
  「福永紙工」(東京・立川市) 紙工作

2 食をめぐって
  「パパ・アントニオ」(東京・渋谷) イタリアン
  「パーラー・ローレル」(東京・世田谷) 洋菓子
  「エストパニス」(東京・田園調布) パン
  「凡味」(東京・人形町) 梅の甘煮
  「鮒佐」(東京・浅草橋) 牛蒡の佃煮

3 懐かしい時間
  東京タワー
  都電荒川線

4 美を訪ねる
  古美術店「ロンドンギャラリー」(東京・六本木)
  原美術館(東京・品川)
  黒田記念館(東京・上野)
  高麗美術館(京都)
  杉本歌子邸(京都)
  三溪園(横浜)
  銀座「和光」

5 旅の空,出会いの喜び
  琵琶湖
  ソウル,瑞山

● ここに登場するのは,ぼくには苦手の分野。まず,語彙がわからない。ここに登場する品々を与えられても,ぼくにはその良さはわかるまい。
 自分が野人であることを認識するために読んだようなもの。

0 件のコメント:

コメントを投稿