2012年11月25日日曜日

2012.11.24 岡田斗司夫・福井健策 『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』


書名 なんでコンテンツにカネを払うのさ?
著者 岡田斗司夫・福井健策
発行所 阪急コミュニケーションズ
発行年月日 2011.12.07
価格(税別) 1,400円

● 副題は「デジタル時代のぼくらの著作権入門」。前半はその著作権の「現状と課題」的な話。
 しかし,本書の白眉は後半にある。岡田さんが自分のビジョンを展開する。これが面白い。

● 現行の著作権制度を維持するのは無理というのが,岡田さんの出発点。まず,「ユーザーが求めているのはコンテンツではない」(p112)と。
 では何かといえば,「お金を払う対象は,崇拝の対象となる人自身です」(p114)ということ。その人が産みだすコンテンツではなく,その人自身なのだ,と。

● それを受けて福井さんも言う。「ライブの売り上げがまったく落ちなかったのは,デジタルで代替できないから」(p119)だ。
 「ライブイベントの関係者に「どうやって稼いでいるの?」と尋ねると,入場料自体の収支は武道館のワンデーがフルハウスでやっとトントンというところで,大したことはない。(中略)じゃあ,何で収益を上げるのかといえば,大きいのはタオルなどのグッズなんですよ」(p119)ということ。
 では,なぜライブの観客がグッズを買うのかといえば,「臨在感を買おうとしているから」(p120)だ,と。

● 岡田さんは「コンテンツで食えるクリエイターは「世界で」1,000人が限度じゃないか」(p155)と大胆なことを言う。
 さらに「僕らが救うべきは,食うや食わずで創作を行っている貧乏なクリエイターではなく,無料で作品を作っているプチクリエイターなんですよ。こうしたクリエイターこそが,文化の多様性を生み出す最大多数です」(p157)とつないでいく。
 このあたりはスリリングといっていいほどに面白い。

0 件のコメント:

コメントを投稿