2012年9月21日金曜日

2012.09.15 日経BP社出版局編 『Twitterの衝撃』


書名 Twitterの衝撃
編者 日経BP社出版局
発行所 日経BP
発行年月日 2009.11.09
価格(税別) 1,400円

● Twitterって,やる人はもうやっていて,今やっていない人はずっとやらない人なのじゃないか。そうでもないのか。ぼくはやらない側に属している。
 が,そもそもTwitterとは何ものなのか。よくわからない。140字とか「つぶやく」とかいうけれど,Twitterで何がどう変わるの?

● というわけで,本書を読んでみた。
 複数人の分担執筆。ぼくには林信行氏の「第2章 Twitter×iPhoneが切り開く新情報時代」と,津田大介氏の「第4章 プロと素人の差を縮める属人的メディアの誕生」が面白かった。

● 140字以内という字数の制限がかえって創造性を高めるというのは,なるほどそういうことはあるだろうなと思える。
 敷居が低い。気軽に書ける(つぶやける)。それが投稿の量を増やし,量が質に転化するということもあるのかもしれない。

● 本書ではTwitterの光の部分を俎上に乗せているが,もちろん,影もあるわけだろう。

● Twitterって何なのか,自分に必要または有用なものなのか。結局,わからなかった。っていうか,自分でやってみなきゃわからないよね。解説書をいくら読んだってダメ。
 では試しにやってみるかって気になったかというと,ならなかった。自分がTwitterに手を出すことはまずないだろうとわかっているから,安心して解説書を読んでお茶をにごせるのかもな。

0 件のコメント:

コメントを投稿